枕の素材

今まで使ってきた枕についてふと考えてみました。

そういえば、子どもの頃は「そばがら」だったなあ。

中学生の頃は「パイプ」っぽいものが入っている枕を使っていたような…。

これまでに、私が使ってきた枕の素材は?

気になってしまうと、調べたくなるものです!(^^)!

枕には、ポリエステルわた、そばがら、パイプ・ストロー、低反発ウレタン、羽根・フェザー、ビーズ、ひのきなどがあるそうです。

素材によって、長所と短所があるので、結局は使う人の好みということになりますよね。

フィット感やボリューム感、柔らかさ、通気性、水洗いできるかどうか、寝返りのときに音が気にならないかなど、枕選びのポイントはいろいろあるみたいです。

私が使ったことがあるのは、そばがら、パイプ、ポリエステルわた、ビーズでした。

旅行などでホテルに宿泊したときに、羽根の枕も使っているはず…。

このうち、「そばがら」や「パイプ」は、頭を動かしながら、ベストポジションを見つけてから眠りについていたような記憶があります。眠くない時は、そのベストがなかなか見つからず、イライラした覚えも…。

ちなみに、一番のお気に入りは、今使用中の枕で、ポリエステルわた&パイプのもの。

土台はわたで、頭をのせる部分だけに少しパイプが使われています。

最初から、しっくりきた枕なので、買い替えるとしても同じものがいいのですが…。

何はともあれ、「ここは譲れない!」ってポイントをおさえて、ベストフィットな枕を見つけたいものですね。