枕の面白ネーミング

わが家に届いた通販のカタログ。暮らしの総合カタログとかで、寝具もかなりのページを取って紹介されています。ここで見つけた枕もネーミングが面白い!

枕の面白ネーミング

まずは、「日本人のためのまくら J-Pillow」。この枕は、日本人の頭の形に合わせた設計になっているのだそうです。日本人は、後頭部が絶壁だったり、首が短かったりする人が多いので、日本人に多い頭の形などを考慮して開発したと書いてありました。

日本人と欧米人の比較を図で表しているのですが、欧米人は後頭部の丸みが強く、首が長いのだとか…。後頭部に当たる部分にはマイクロファイバーわたが使用されていて、頭がすっぽり、フィット感が高いそう。

「日本人のためのまくら」。上手いですよね! 日本人なら、このネーミングはやっぱり気になるのではないでしょうか?

もう一つは、「やわらかニットと新感触パイプのもちふわまくら」。

「もちふわ」な枕って? 「しっとりもちもち」という表現は、食べ物に使われることが多いと思いますが、もちふわな枕、体感してみたくなりました。パイプはガザガサという音が気になることもありますが、これは、中に入っている新素材のパイプがもちもちとした感触のため、ガサガサ音がしないのだそうです。生地もニットなので、ふわふわ感ともちもち感がアップするとうたっています。ちなみに洗濯もOK!

他には、「ダニを通しにくくわたぼこりの出にくいまくら」というストレートなネーミングも見つけました。そのままです。たしかにわかりやすいですが…(笑)。

当たり前のことですが、ネーミングって重要ですね! いかに商品の特徴を表し、消費者の気を引くか…。枕そのものの良さはもちろんですが、それは実際に使ってみないとわかりませんからね。

消費者の目と心をぐっと引きつけるネーミングも枕選びの重要なポイントだと思いました!